MENU

歯ぎしりを治す方法いろいろ

歯ぎしりを治す方法の一つにサプリメントという選択肢があります。「歯ぎしりにサプリ??」と思うかもしれません。ですが、サプリで栄養面・体の内側からケアできるんです。種類は多くはないですが歯ぎしり対策のサプリを調べてまとめていますので、ご参考ください☆

歯ぎしりを治すためのサプリメント【おすすめランキング】

 

いぶきの実を通販購入する

いぶきの実(フロムココロ)の特徴

いぶきの実(フロムココロ)の特徴は歯ぎしりやいびきなどのガーガー音の防止に効果があります。コエンザイムQ10を配合しているため空気の通り道が確保され、騒音防止に期待されるのです。今まで自分の騒音に悩んでいた方はもちろん、彼氏やお友達との旅行を躊躇していた方や家族から迷惑がられていた方に非常におすすめできるサプリメントです。 濃縮された発酵ギャバやギャバと相性の良いラフマエキスの成分によってイライラからも解消されますし、 えごま油の力によってコエンザイムQ10の力を持続してくれますので、いぶきの実で安心して快眠ができることでしょう。 公式ホームページではお得な価格でのキャンペーンも行われておりますし、いぶきの実を上手に利用して騒音を解消しましょう!

価格
評価 評価5
備考
 

えぞ式すーすー茶の通販購入について

えぞ式すーすー茶(北の快適工房)の特徴

えぞ式すーすー茶は、甜茶・クマザサなど健康に良いとされる3種類の茶葉をブレンドした健康茶です。ノンカフェインでほんのりと甘い自然のお茶ですから、お子様からお年寄りまで、安心して飲むことができるのが特徴です。スッキリしない夜を、快適に過ごしたい、そんな時にノンカフェインのお茶は、ほっとした安らぎを与えてくれます。夜の歯ぎしりを防止したいなど、様々な理由から、えぞ式すーすー茶を愛飲される方が多いようです。えぞ式すーすー茶を購入するのなら、初回購入キャンペーンなどを利用して、お得な価格で買えるチャンスを逃さないようにしましょう。天然のお茶のスッキリ効果で、不快感のない、心地よく快適な日々を過ごしましょう。

価格
評価 評価4
備考
 

しずかなおやすみの通販購入について

しずかなおやすみ(カイミン)の特徴

「ぐっすりと眠りたいのにいつも途中で目が覚めてします」「朝起きたときに喉が乾燥している」「いびきの音が気になって旅行などにいけない」などの悩みを解消したいと本気で考えているのなら、「しずかなおやすみ(カイミン)」は試してみる価値があるとおもいます。慢性的ないびきや歯ぎしりなどは安眠を妨害する原因になりますし、そのまま放置しておけば日中の行動にも悪い影響を与える可能性があります。しずかなおやすみ(カイミン)は安眠サポートサプリメントとしてこれまでも数多くの人に利用されてきました。人気の理由は活性化コエンザイムQ10にあります。この成分の特徴の一つは、いびきや歯ぎしりの防止効果とも言われています。しずかなおやすみ(カイミン)は毎月300人限定のキャンペーンを行なっています。価格を考えればキャンペーンを利用するのが断然お得です。

価格
評価 評価3
備考
 

サイレントナイトの通販購入について

サイレントナイト(健商)の特徴

サイレントナイト(健商)には寝室での不快な寝息や歯ぎしり防止効果があります。その特徴の一つが「リンゴ酸マグネシウム」です。これにより空気の通り道がスムーズでになり、快適な寝室でのひと時を取り戻せます。もう一つが「コエンザイムQ10」です。これが筋肉成分の働きを良くしてくれ、寝息の乱れを防止します。 そして今、2回の継続を前提のお客様に限り初回の価格を60%オフで提供するキャンペーンを行っています。また、2回目以降も25%オフでお届けするのでお得です。もちろん、いつまでも送料無料なので安心です。 寝室での不快な寝息や歯ぎしりが気になる方は是非、この商品を購入し、快適な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

価格
評価 評価3
備考
 

ハギシランの通販購入について

ハギシラン(カイセイ堂)の特徴

ハギシラン(カイセイ堂)は休息時の歯ぎしりを防止する上で優れたサプリメントで、休息してもうまく休めない、疲れが残るといった症状を始め、周囲の人にも迷惑をかけてしまいます。そういった睡眠時の嫌な歯ぎしりを防止することができるのが、ハギシラン(カイセイ堂)の特徴で、ギャバ・セントジョーンズワート・ラフマなどといったその原因を抑制する上で効果が高い天然アミノ酸、ハーブなどの薬草を配合している点が優れています。 実際に購入時の価格については、定期便の初回は半額以下の価格で入手できるキャンペーンを行っており、しかもお試し用として10粒のミニタイプも特典として付与されます。2回目以降も通常価格の25%オフでハギシラン(カイセイ堂)を届けてくれるため、休息時の歯ぎしりの不安を取り除くことができる魅力があります。

価格
評価 評価3
備考

 

 

その他の歯ぎしりを治す方法

歯ぎしりを治すには、まずは原因を特定することが大事であり、その原因を正したり、合わせた治し方をしたりすれば良いでしょう。

 

歯ぎしりの原因で一番大きいと言われているのがストレスです。現代社会ではさまざまな要因がストレスになり、それを溜め込んでしまうことによって知らない間に歯を食いしばっているのです。ですから一番の治す方法となるのがストレスを解消することになります。規則正しい生活をして睡眠もしっかりと取るようにして栄養もバランス良く取るようにすれば心身が健康になっていきストレス解消に繋がっていきます。

 

喫煙や飲酒もストレスの解消になると考えている方もいるかもしれませんが、これらも歯ぎしりの原因です。落ち着かなかったり、イライラしたり、不安を抱えたりするといけませんのでニコチンやアルコールが切れて不安な状態になるようでしたら控えるようにした方が良いのです。

 

歯ぎしりはかみ合わせの悪さも原因の一つになりますから歯科医にいってかみ合わせの調整をすることも大事です。若い時は何ともなかったとしても歯周病が進行してかみ合わせが悪くなることもありますし、詰め物や金属などで高さが変わってしまったということもありますから調整をしてもらいましょう。

 

歯並びが悪い場合は矯正が必要となりまして、そこまでしたくないという場合はマウスピースを着用するのもオススメです。マウスピースを着用することによって歯への負担を軽減させて、歯と歯が当たる音だけではなく頭痛や肩こりといったことにも効果があります。

 

基本的にかみ合わせやストレスが原因となっていますので普段の生活からリラックスすることを心掛けてください。筋肉が緊張してしまって起こることもありますからマッサージしたり、物を食べる時も片側だけではなく両方で食べるように意識したりと体の歪みも意識してみると良いでしょう。規則正しい生活をしていれば改善できます。

 

 

 

歯ぎしりをする原因とは

歯ぎしりの原因で最も多いのがストレスです。進学や就職などで過ごす環境が大きく変わると歯ぎしりをしやすくなります。日中のストレスを解消できないまま就寝すると、リラックスするはずの時にも力が入って歯を食いしばってしまうためです。

 

また歯並びの悪さも歯ぎしりを引き起こします。八重歯や出っ歯など元々歯並びが悪い人だけでなく、虫歯の治療中や詰め物が合っていないなどでバランスが悪くなっているケースも含まれます。顎の筋肉がアンバランスに緊張することで、余計な力が入ってしまいます。逆流性食道炎との関係も明らかになっています。口腔内の症状と食道の症状は全く関係ないように見えますが、逆流性食道炎の患者に胃酸の分泌を抑える薬を服用してもらったところ、就寝中の歯ぎしりが減ったという研究があります。逆流性食道炎の人は、胃酸が逆流して口に向かって流れます。すると口の中が極端な酸性になるため、それを戻すために歯ぎしりをして唾液の分泌を促進しています。逆流性食道炎が改善すれば、唾液の分泌をあえて増やす必要がなくなるというメカニズムです。これらの該当していない人でも、クセで日中に歯を食いしばっているなどを自覚している人は、寝ている時も同じことをしている可能性が高いです。寝ている時は意識していなくても、筋肉がクセを覚えているので力が入ります。子供が指をしゃぶりながら寝るのと同じなので、普段から歯と歯の間は1mmほど空ける必要があります。

 

 

 

歯ぎしりを放置すると現れる症状

眠っている間に無意識にやってしまう歯ぎしり、放置しておくと、恐ろしい病気に繋がる恐れがあります。ストレスなどが原因によって、奥歯を思いっきり噛んだ状態で、左右に動かしてしまって、「ぎりぎり」といった音が出ます。酷い肩だと歯が欠けてしまうこともあります。

 

強く噛んでしまうことにより、顎の筋肉に緊張が走り、顎を歪ませてしまって、顎が外れてしまったり、顎関節症の症状が表れてしまうことがあります。顎が弱ってくると、噛み合わせが悪くなり、物を食べずらくなったり、滑舌が悪くなります。そうなってくると、食べるのが面倒になったり、食べることがストレスとなってしまい、栄養失調となって様々な不調にも繋がります。

 

顎の筋肉と首や肩の筋肉は近い位置にあることもあり、肩コリや首コリの原因になります。どれだけ肩や首をマッサージしても、原因が顎にあるので、中々気付かずにそのまま痛い思いをすることにもなります。

 

「噛む」という行為は、脳への活性化をさせるのにも非常に重要です。年齢を重ねて歯がなくなったことにより、アルツハイマーや痴呆の症状が表れる方が沢山いらっしゃいます。上手く噛めなくなったことによって、脳が衰えて物覚えが悪くなるなどの影響を及ぼします。若いからといって、油断してはいけません。若年性アルツハイマーといって、若い方でもアルツハイマーの症状が表れることがあります。脳えの血液の流れが悪くなって、脳梗塞などの大きな病気にも繋がります。

 

 

 

歯ぎしりの種類とその特徴

歯ぎしりには大き分けると3種類に分けられます。

 

@グラインディング
このタイプは一般的に「歯ぎしり」と呼ばれているもので、多くの人にみられるものです。上下の歯を強く噛んだ状態で、歯を横に滑らせこすりあわせる動きをすることです。眠っているときにしている人が多く、音がしないグライディングもあります。どちらの場合も、歯が擦り減っているのが特徴です

 

Aクレンチング
このタイプは一般的に「食いしばり」や「かみしめ」などと呼ばれています。グラインディングとは違い、歯を横にこすりあわせることはなく、上下の歯をぐっと強い力で噛みこみます。音が出ないので気がつきにくいというのが特徴です。クレンチングをしている人は頬の筋肉に力が入るため、硬く膨らんで見えることがあります。

 

Bタッピング
上下の歯をカチカチと噛みあわせるもので、比較的頻度は少ないのが特徴です。

 

この3種類の歯ぎしりは1種類だけではなく、2種類、3種類と重なっておこる場合もあります。

 

どのタイプの歯ぎしりも歯に強い力が入るので、かみ合わせの部分が削れて短くなったり、歯の根元が削れたり、神経が歯の表面から出てしまうことで、知覚過敏の原因になったりします。また、歯のj表面が欠けたり、根元まで割れたりすることもあります。

 

さらにひどくなると歯ぐきが退行し歯を支えている骨が溶けてしまうこともあります。さらに、歯以外にも、肩や首の凝りや頭痛を引き起こす原因になるので、早めに歯科医で噛みあわせの調整や矯正を依頼するのが良いです。

 

 

 

歯ぎしりをする人の特徴とは

歯ぎしりは、寝ている時に無意識に行っているのが特徴です。自分では気がつかないので、家族に指摘されたり、歯医者で医師に言われた経験がある人も多いでしょう。歯ぎしりは、奥歯で噛みしめて、力を入れています。歯ぎしりをする人の特徴は、負けず嫌いで、ストレスが溜まっている人が多いです。日ごろ、ストレスを上手に発散できずにいる人も、無意識に歯ぎしりをすることで、寝ている間、自分のストレスを解消しています。ストレスをため込む人が、歯ぎしりをする傾向が高いので、普段から上手にストレスを解消するように心がけましょう。運動を習慣にしたり、友達との食事、会話、趣味を楽しむのも良いでしょう。真面目で、仕事も寡黙にこなす人も注意が必要です。ストレスが溜まっていることに気がつかずに過ごしている場合もあります。歯ぎしりする人の特徴として、歯並びに原因があることもあります。親知らずが生えていて、埋まっている場合、手前の歯が押されてしまい、窮屈に感じることも原因になります。歯並びが原因で、肩こりが起こり、ストレスになることもあるので、気になる症状がある場合は、歯科で医師に相談すると良いでしょう。歯の高さが気になったり、歯並び、噛み合わせが悪いこともあります。毎日歯ぎしりをして気になる時は、歯が削れてしまい、他の歯に影響を与えることもあるので、家族から指摘を受けたり、歯が削れている場合は、早めに歯科に相談することも大切です。

 

 

 

歯ぎしりの悪影響

歯ぎしりは本来は上下の歯が離れている筈の就寝中に噛みあわせを起こしてしまうので、口腔内に大きな負荷を掛けてしまう事となります。その為負荷の掛り方に拠って、様々な悪影響が生じる事となります。

 

まず多いのが、歯の周囲にある歯根膜と呼ばれる組織の炎症です。痛みが悪影響として生じる上に、原因となるダメージが各所に渡っている事が多いので口腔内で多発する事もあり、炎症が起きている場所が特定し難いという厄介さがあります。

 

同様に多いのが、知覚過敏の症状です。歯ぎしりによる擦り合わせによってエナメル質が摩耗する事が原因であり、歯自体の耐久性も落ちて来るので虫歯になり易くなるといった問題も生じます。次に挙げられるのが、歯そのものの破損です。亀裂を起こす・詰め物が外れる・割れるといった症状が該当します。破損した箇所から神経への細菌感染を起こしての神経壊死や、深い箇所での虫歯の発生・悪化といった問題にも繋がって来ます。

 

更に挙げられるのが、長期的に歯ぎしりが続いた場合の口腔外への影響です。噛み合わせを支える顎関節の部分にダメージを及ぼして鍔関節症の症状が出たり、周囲の筋肉に緊張を齎して重度の肩こりを生じる・偏頭痛を生じるといったケースが該当します。そして忘れてはならないのが、歯ぎしりを起こしている本人以外への悪影響です。キリキリ・カチカチといった擬音で形容される不快な音を継続的に発するので、同じ部屋で眠る人の睡眠の妨げとなり易いという問題があります。

 

 

 

歯ぎしりの予防方法

ストレスが多いと歯ぎしりをすると思われがちですが、原因はストレスだけでなく噛み合わせが悪くても起こりますし、成長や老化などによる噛み合わせの変化を自分で調整しているともされています。また虫歯や歯周病が進行することも原因になると分かっていますので、それぞれにあった方法を取ることで予防することが出来ます。

 

まずは歯並びが悪くかみ合わせが悪い場合は歯列矯正や部分矯正を行うことで噛み合わせを改善し、結果として歯ぎしりを改善することが出来ます。次に虫歯や歯周病が原因の場合は早急に治療をすることで改善できますし、その後も定期的に歯科検診に通い、むし歯の有無や歯周病の状態、磨き残しは無いか等チェックをすることで予防になります。また5歳前後だと乳歯が生えている小さな子どもが歯ぎしりをすることがありますが、多くの場合は成長に伴い顎が大きくなり歯と歯の間に隙間が出るため、寝ている間に歯ぎしりをし調整をしているのです。そのため年齢を重ねるにつれて自然と治る場合が多いので経過観察をすることで問題はありません。しかし顎が痛かったり歯が欠けているなどが見られたら、小児歯科で診察をしてもらいましょう。

 

歯ぎしりをしている人にマウスピースが処方されることがありますが、マウスピースは歯ぎしりを防止するためにあるのではなく歯が欠けるといった悪影響を軽減することにあるので、予防と言った観点とは少々異なります。予防方法を取りたいのであれば、根本的な問題を解決することが大切になります。

 

 

 

歯ぎしりを治す栄養素や食品とは?

歯ぎしりの原因は、様々ありますが、その一つにストレスがあると言われています。ストレスには、精神的ストレスと物理的ストレスの2つのタイプがあります。物理的ストレスとは、乱れた生活習慣や栄養不足などがそれにあたります。歯ぎしりを改善するためには、栄養不足にならないようにしっかりと食事を摂るということが大切になります。

 

特に朝食は栄養バランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。朝食を摂ることで、セロトニンと呼ばれる伝達物質が生成されます。そして、セロトニンは生成されてから約14時間後にはメラトニンという物質に変化します。メラトニンには、眠気を促すという作用があり、メラトニンが不足してしまうと、寝不足や眠りが浅いという症状が見られ、睡眠の質が下がってしまい、結果的に歯ぎしりを起こすようになります。

 

セロトニンがメラトニンに変化するためには、ビタミンB3が必要です。ナイアシンとも呼ばれる栄養素は動物性・植物制度知多の食品にも多く含まれています。動物性ではレバーや赤身の魚、植物性では大豆や卵、きのこ類に多く含まれていますので、様々な食品をバランス良く食べるということが大切になってきます。

 

また、炭水化物を食べ過ぎてしまうと血糖値の急激な変化により、不安感やイライラなどの精神的症状が見られることが多くあります。その為、炭水化物を全く摂らないなど過激に制限をする必要はありませんが、適量を心掛けるようにしましょう。

 

 

歯ぎしりを治すためのサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

 

歯ぎしりを治す方法について解説しています → こちら